離婚後、さらに離婚が繰り返されやすい理由



夫婦愛の法則を知るメルマガ申し込み 

愛情問題は人生に多くの障害を生み出します。

それだけでなく今までは仲良くしていた関係から、
突然、状況が変って敵味方のような関係に逆転しますので
心理的には最大のストレスを生み出します。

当然、相手の幸福を喜べず、恨みや裁きの思いに駆り立てられ、
絶対にゆるせない、という思いのなかに置かれます。

人間の脳は自分、相手という区別なく感情のみを認識します。

離婚後、潜在意識は相手を憎む心、不幸を願う心をすぐ読み取ってしまいます。

愛情問題における苦しみが尋常でない、ということがその大きな理由です。

潜在意識がプラスに働かないので、幸福にはなれないのです。

 

 

 

 

 

相手を憎んでいるつもりが、自分を不幸にしようと働いてしまうのです。

結果、自分も相手も不幸にしてしまう。という負の連鎖が起こります。

なかには離婚しても問題がない例もあります。

なにがあったにせよ相手の立場を理解し、そこから自分自身を
成長させていけるプロセスになれば、人生をリセットできるのです。

ただ、ほとんどの場合が相手から恨みをかったり、恨みをもったままなので、
問題は精算されていないのです。

アメリカでの報告ですが ある研究者がデータを精査した結果、
意外な事実が判明しました。

離婚の最大のリスク要因の1つは、再婚にあるということです。

なんと、2度目以降の結婚は初婚よりも離婚する確率が150%高いのです。

米オハイオ州のボーリンググリーン州立大学で社会学を教える
スーザン・ブラウン教授と林一芬准教授は、熟年離婚者の大半が
一度離婚している。と述べています。

つまり自分の幸せを求めて人生をリセットしても、根底にある恨みの
心を捨てきれないと、その後も同じことを繰り返し結婚
成功させることがむずかしい。

自分の中にある目に見えない心の問題やわだかまりをしっかりと
清算して再出発することが大事なことです。

外的な環境は目に見えない自分の波動が引き寄せたものです。


夫婦愛の法則を知るメルマガ申し込み 

伊東 悦子 の紹介

夫婦専門コーチとしてアメリカ、日本に向けてコーチングを行っています。 夫婦の法則は全世界、国境を越えてひとつのものです。人生の成功は理想家庭から。 本来の家族関係を構築するための指導、そして復縁のためのバックアップを全力で行います。 躍動感ある家庭を築くため、何からすればいいのかをステップバイステップで指導しています。 伊東悦子のホームページ http://www.fufuenman.com/  離婚を復縁で回避するブログ http://kekkonseikatsu.com/
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です