夫婦の愛情レベルが定まるのは結婚して2年後。

夫婦愛の法則メルマガ登録して読む 


夫婦の復縁は、どちらかに愛情が残っていないと
その道は険しいものになります。

実は愛情というものにはかなりのレベルがあって
従来の男女間の恋愛感情、また、自分に対する自己愛
のようなものから親子間の愛、さらには人類を愛するという
アガペー的な愛など、何段階もの次元があります。

友情も長く続くものもあるけれど、一回のけんかで
決裂する友情もあります。

また、けんかをしたことで、かえって深みを増す関係もあり
それも相手に対する愛情が土台となっています。

でも、男女の愛情はどちらかというと自己愛に近く、非常に
移ろいやすいものなのです。

通常の恋愛感情の賞味期限は2年間で切れてしまうものです。
大半の夫婦は2年ぐらいたって子供ができると
夫婦の精神的距離が定まります。

今後の夫婦間のレベルが決定するのもその時期です。
同時に多くのカップルが離婚などの危機を迎えるのです。

夫婦がいったん恋愛感情から覚めて、心の距離ができたあと
どうやって相手と向き合うか。

これはどんなカップルも気が付くのは、ずっと後になってからです。

その時はすでに、溝が深まったころになって、こんなに距離が
できていまった。と気が付くのです。

私はここからの夫婦をコーチしています。

改めて相手の生い立ちや背景、幼少のころからの
親子関係などあぶり出し理解を深めていくことで
見方を変えるのです。

その方法でしか、夫婦修復はなされません。

今の相手をじっと見つめていると、不安な要素や
絶望的な部分ばかりがみえてしまうのです。

夫婦愛の法則メルマガを読む 

伊東 悦子 の紹介

夫婦専門コーチとしてアメリカ、日本に向けてコーチングを行っています。 夫婦の法則は全世界、国境を越えてひとつのものです。人生の成功は理想家庭から。 本来の家族関係を構築するための指導、そして復縁のためのバックアップを全力で行います。 躍動感ある家庭を築くため、何からすればいいのかをステップバイステップで指導しています。 伊東悦子のホームページ http://www.fufuenman.com/  離婚を復縁で回避するブログ http://kekkonseikatsu.com/
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です