夫婦は二人三脚のレース

離婚の理由の主な理由は、なんでしょうか?

一般的には性格があわない、価値観が違いすぎる。
などが多いのは事実です。

次第に新鮮さがなくなり、相手のいろいろな面がわかって来ると
同時に新しい発見がなく、むしろ相手の短所や嫌なくせなどが
目につくようになってきます。

最初は何気ないすれ違いのようなものが、次第に相手を責めたり
無視したりしてどんどん、けんかが増えていくのです。

そのうちに引き金を引いたように傷つけあったり露骨に相手を
攻めたりのパターンに陥ってしまいます。

しかし、昔と違って今は大半が恋愛結婚です。

だから性格が合わない。とは言え交際中には相手のそういう面を
見てきたはず・・・。

それでは結婚すると二人の関係がどう変わってしまうのでしょうか?

夫婦愛の法則から説明します。

恋愛中と結婚後では二人の立ち位置ががらりと変化します。

交際中はお互いが向かい合って自分の立場から相手を見つめる立場です。

お互いが好きな映画を見たり食事をしたりして過ごします。

もし、けんかをして嫌いになった時はいつでも、別れてしまうことが
できるのです。

この時期はじっと相手を観察している期間です。
「この人は自分に価値を与えてくれるのかしら?」と見定めると同時に
自分の欠点や悪いところは無意識に隠そうとします。

ところが、結婚後は一変します。 籍を入れたとたん、二人は横並びに
なって「生活」というゴールに向かって走ります。

つまり、二人三脚のような関係です。 お互いの片足をしばって、
一心同体のレースに参加することです。

二人の足は縛られ、離れることはもうできません。 いったんスタートしたら
ずっと走り続けるのです。

伴侶の足が遅く、足がもつれることもあるでしょう。

お互いの息が合わないとうまく走れません。

子供が生まれた後は、背中に子供をおぶって走るのでさらに
負担も大きくなります。

そんな中、レース中に相手の走り方のくせやペースをしっかりと
つかんで走る夫婦もいます。

仲良く走るカップルは、息がぴったりです。 どんどん早く走れるので、
まるでゲームのような感覚です。

快調に楽しんで走っています。

ところが、けんかしている夫婦がいます。しばらく走るうちに
自分と相手のペースが違う!と主張しているのです。

むやみにお互いに怒鳴ったりしてもう大変です。 相手の走り方に
ケチをつけたり、もつれて転倒したりで目もあてられません。

レースはハラハラしどうしです。 つまり結婚生活とは同じ方向に
向かって走り続けるレース、これを知らないまま、単なる恋愛関係の
延長のように結婚生活を捉えると、こんなはずではなかった。
という結末になります。

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

伊東 悦子 の紹介

夫婦専門コーチとしてアメリカ、日本に向けてコーチングを行っています。 夫婦の法則は全世界、国境を越えてひとつのものです。人生の成功は理想家庭から。 本来の家族関係を構築するための指導、そして復縁のためのバックアップを全力で行います。 躍動感ある家庭を築くため、何からすればいいのかをステップバイステップで指導しています。 伊東悦子のホームページ http://www.fufuenman.com/  離婚を復縁で回避するブログ http://kekkonseikatsu.com/
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です