あなたが離婚したくない理由

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

あなたがもし、どうしても離婚を避けたいのであれば

その理由についてかんがえてみましょう。

その理由は…。

それは

あなたの夫をかけがえのない存在として今も
愛しているからでしょうか?

これまで、二人で人生を共有し、困難を
乗り越えてきたからでしょうか?

あるいは離婚してしまったら子供も同じような人生を
たどってしまうのでは、と不安になるからでしょうか?

離婚することで子供の人生に与える影響が怖いから、
子供の成長にマイナスになったら、と思うからでしょうか?

子供がまだ、2歳児で幼く、こんなに早く片親になって
しまうのはあまりにも、かわいそうだからでしょうか?

離婚にともなうお金の問題が大きく、その重荷に
たえられそうもないからでしょうか?

離婚のための煩雑で膨大な法律的手続きや様々な問題を
考えると頭が痛いからでしょうか?

自分が子供を抱えて自立する自信がないからでしょうか?

離婚後、将来一人だけで生きることに
大きな恐怖を感じるからでしょうか?

夫の身勝手な行動に納得できない(夫に浮気相手がいるなど)
からでしょうか?

それまで二人でともに築いてきたものを一度の離婚
すべて失ってしまうという恐怖感からでしょうか?

離婚することに対して実感がなく、また現実味を
感じられないからでしょうか?

自分が好きで結婚した相手なのに一時の感情に流されて
離婚をするのは納得ができないからでしょうか?

離婚することで、自分の人生に敗北感を感じるからでしょうか?

みんなに祝福されて、結婚したので、離婚すれば世間体が悪い
友達に知られたらバツが悪く恥ずかしい、からでしょうか?

もし、新しい結婚相手が現れて再婚しても、結局また
同じことを繰り返すのではないか、と感じるからでしょうか?

二人で築いてきた過去の楽しい思い出や
子供との絆があるからでしょうか?

夫は運命の人かもしれないと思うからでしょうか?

自分にも非があり、悪いところがあったと思うからでしょうか?

夫が自分を必要としていると感じ、再び自分が愛される
ことに希望と期待を持ちたいからでしょうか?

夫の大切さが自分でわかっているのに単に意地を
張ってしまっているからでしょうか?

リセットし、やり直せると心のどこかで
信じているからでしょうか?

自分たちの幸せを願い、いつも心配してくれている
親に申し訳ないからでしょうか?

いかがでしょうか。

でも、この理由が大きければ大きいほど、解決の可能性が
高いということです。

理由が漠然としていると、回避することが現実的ではない。といえます。

大きな理由は現実から抜け出すための速度を速めます。

離婚を回避したいというあなたの判断は正しいのです。

大きな進歩がなかったとしても10%でも、5%でも
可能性があれば、それにかけたいと思いますか?

人間は自分が正しいことをしている、と思っても、今の
苦痛からなんとしても抜け出したい、と思っても
その動機がはっきりしないと、行動できないのです。

相手の出方や環境にすぐに負けてしまうのです。

しかし、動機をはっきりさせて、なんとしてでも、
目的を果たす。と決断すればほぼ、50%は
達成した、と考えていいのです。

ちょっとエキササイズをしてみませんか?

なんとかしたい、と漠然と考えるより、まず、
自分に大きな理由、なぜそうしたいのか。
を書き出してみましょう。5分間集中して
書き出してみてください。

そのあと、それを読んで自分が目的を達成した様子を
ありありと思い浮かべてみるのです。

こんなことなんの意味があるのかな?と思いますか?

実際にやってみると、意外にも、あなた自身が
今まで見えていなかったものが見えるようになるのです。
伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夫婦問題における先祖の問題。「嫁の在庫切れ」

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

最近は随分、婚期を過ごして一人で暮らしている人たちが多くなっています。

40過ぎても結婚する気がないとか、いつまでも
独身気分でいたい。という人が最近、増えています。

今回は、本人にもなかなか自覚がない、この問題の本質に迫ります。

家系学の本を学ぶと、それはひとつの法則に則っていることがよくわかります。

簡単に離婚する。結婚運がない。
などの問題は夫婦関係からくるのです。

一人の男性と一人の女性が愛によって結ばれることが結婚です。

 

 

 

 

 

その愛がどういう風に流れているか、という様子が家系図に見事に表れています。

家系には先祖たちの「愛の流れ」が描き出されています。

たとえば、お祖父さんや、ひいお祖父さんが何度も結婚するとします。

複数の女性と婚姻関係を持って生きることによって、
嫁の在庫切れ」という問題が生じます。

子孫がなぜか縁遠いのです。

子供や孫たちが、なぜか結婚する気力がない、結婚するけど
すぐに離婚してしまう。などの特徴が現れやすいのです。

つまり子孫のぶんまで先祖がすでに予約してしまうのでその子供や孫に
嫁が回ってこない。ということです。

家系が元気がなく、すぐ離婚になる、などの問題は家系の
愛情の流れが滞っていることが多いのです。

生きている私たちには、そんな現象がどこから来るのかはっきり知らずにただ、
縁がないい。と単純に片付けてしまいます。

しかし、物事の本質は原因結果の法則によってなされています。

これは時に深刻な問題を引き起こすこともあります。

最近、性同一性障害などという、遺伝子的な問題が
話題になっています。

男性であるにもかかわらず、自分が男性という自覚が持てなくて悩む人たちです。

自分が納得した生き方を求めて性転換する人もいます。

その人はそれでいいかもしれませんが、結婚しても子供ができず、
家系は衰退していきます。

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

失って初めて分かる平凡な幸せ。

幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

音譜失ってみて、初めてわかる~~~

・・・・という歌の文句、フレーズがあります。

さて結婚とはなんでしょうか?

夫の浮気や、夫婦の危機に直面して初めて
結婚とは?と深刻に考えることが多いのです。

とても皮肉なことです。

一人の人から常に安心感のある愛を受け取り続ける。

以前はごく当たり前の関係・・・。

それを失ってしまうこと、またその痛み、喪失感というものは
言葉になりません。

これがどんなに大事な時間だったことでしょう。

愛を保つことには犠牲が伴うのです。

夫婦が愛を保つには努力なしにはありえません。

それは当たり前なのですが、その努力が実らなかった
ショックは本当に大きいのです。

考えてみましょう。具体的にどういうことでしょうか?

努力をする。=結果がでる。

と単純にいかないところが問題です。

特に、この夫婦という関係は、あらゆる人間関係のなかでも
相当、やっかいな関係なんです。

本当なのです。

恋愛関係のとき、そんなことはまったく考えもせず、楽しく
過ごしていましたよね。

突然、交通事故に遭って足が動かなくなったとき
自由に歩けていたことが、どんなにありがたいことかを知る。

夫婦はずっと続く関係です。

あと何年こんな関係が続くのだろう、ため息がでます。

たった一人の人から変わらない愛を受け続けること。

もう一度、その結婚の価値をしっかりと知り、なおかつ、
法則を知ってそのための努力をおしまない。

これが離婚を回避するための第一歩です。

幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

愛の法則を知ることで不安から解放される。

夫婦愛の法則を学ぶメルマガ購読する

世の中は愛をテーマに歌謡曲や映画、本、芸術などが
あふれています。
また、Tシャツや小物にまで「LOVE」の文字が刻まれています.

 

 

これだけ、ちまたに愛があふれかえっているにも関わらず、
このことに対するはっきりした理念がないのです。

だからこれをめぐっての混乱が起き、悲劇が繰り返されています。

だれもが愛をもとめ、また、愛ってこんなに素晴らしく、
いいものなのに、どうして悲劇と背中合わせなのでしょうか?

答えはあるのでしょうか?

実はあるのです。

人間が喜怒哀楽を本能的に持っているように宇宙法則の
調べにあわせた「愛の法則」は存在します。

これを知ってからは、当時自分が抱えている問題に、
大きな解答を与えられました。

愛の法則を守ること、一見、堅苦く戒律的な印象ですが。。。
決して、そういうものではありません。

愛の本質は時代を超えて永遠性を持っているからです。

むしろ自由を得ることができ、自分を縛っているもの、
恐怖などから開放されたような気持ちになりました。

結婚は愛の理想を実現し、家庭はまさしく「愛の学校」なのだ。
ということに気がついたとき、初めて自分の結婚に希望を
持つことができました。

夫婦愛の法則を学ぶメルマガ購読する 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夫婦の円満を成功させることは世界の平和運動に勝る。

夫婦円満サイトはこちら→伊東悦子のホームページ

人間生きていれば、ひとつもいいことがないように思える時期ってありますよね。

自分は生まれてこなければよかったとか、生きているのがいやになった。と
瞬間的にでも思ったことは誰にでもあることではないでしょうか。

あの時、あんなことにならなければ、あの時、もっとこうしていれば、とか、
とりとめなく考えてしまうのが人間です。

過去、私は親に向かって「生んでくれと頼んだ覚えはない」などと
言ってしまったことがあります。

実際には自分がいやになって両親にやりきれない思いをぶつけた、
というのが本当です。

でも、今考えるとその苦しい時期があったからこそ、生きるという
本当の意味を考えるきっかけをつかみ、今の自分があるのだ。
と思えるんです。

人は生きて生まれて死んでいく。何の目的のために生き、人生の
果てにはなにがあるのか?

こんなごくありふれたことが、自分自身のことであるにも関わらず、
人はその本質をはっきりと理解していません。

物事には全部目的があって存在しているのです。
時計やカメラ、テレビなど、それらには目的がある。存在目的は
それを作った人間が知っています。

ところで人間自身はどうでしょう?

人間はそれら物質とは違います。
人生の目的を知って、その価値を最大限に発揮していかなくては、
絶対にいけない存在です。

以前、夫婦修復のメソッドに出会ったばかりのころ、自分の先生に
言われたことがあります。

「今まで人生のなかでいろいろとあったことでしょう。
でも、自分たちが携わっていること、(家庭の理想を追求する、
夫婦円満を実践する)このことはこの世の中のどんな平和運動よりも
価値があるのですよ。」

初めはまさか、大げさだな、と思いました。
自分を見ればたいした人間ではないし、とにかく自分のことで
精一杯でしたから。

でも、ここ10数年、ずっと家庭の愛の秩序を研究すればするほど、
その意味が理解できます。

夫婦円満サイトはこちら→伊東悦子のホームページ

離婚を回避、夫婦円満を手に入れる!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

離婚を回避するための愛の法則を学ぶ意義

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

私が昔、結婚についてとことん 考えた時期があります。

それは自分の家庭が暗いものであったこと。また、身近な 友人が
簡単に離婚してしまったり、はたまた妹が 結婚式直前に破談になったり、
など結婚にまつわる問題が多かったからです。

そんなときこの「愛の法則について学ぶコース」に 参加する
機会が与えられました。

人生が変わったのはその直後です。

愛には秩序があります。

しかし愛の法則にしたがって行動すれば、その直後から大きな変革が
待っている。ということを体感したあの瞬間を忘れることは一生ないでしょう。

世の中は愛をテーマに歌謡曲や映画、本、芸術などが あふれています。
また、Tシャツや小物にまで「LOVE」の文字が刻まれています。

これだけ、ちまたに愛があふれかえっているにも関わらず 、このことに
対するはっきりした理念がない、のです。

だからこれをめぐっての混乱が起き、悲劇が繰り返されています。

だれもが愛をもとめ、また、愛ってこんなに素晴らしく、 いいものなのに、
どうして悲劇と背中合わせなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

答えはあるのでしょうか?

実はあるのです。

人間がこんなにも愛について考える存在であるからには人間を
超えたところでの愛における理想や法則が存在するのです。

これを知ってからは、当時自分が抱えている問題に、
大きな解答を与えられました。

愛の法則を守ること、一見、堅苦く戒律的な印象ですが。。。
けして、そういうものではありません。

愛の本質は時代を超えて永遠性を持っているからです。

むしろ自由を勝ち取るといえるのです。

さらに、自分を縛っているもの、 恐怖などから開放されたような
気持ちになりました。

結婚は愛の理想を実現し、家庭はまさしく「愛の学校」なのだ。
ということに気がついたとき、初めて自分の結婚
希望を持つことができました。

幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら↓

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!


人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

離婚しても夫婦は他人にはなれない。

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

結婚相手は縁あって自分に与えられた人であり
自分に必要で出会わされているのです。

あなたが今の夫と出会ったことは運命でもあり
そしてわけあって結婚にまで到達したのです。

離婚して一度は縁が切れたとしても、二人の間に
子供がいればその関係は子供のゆえに完全に
切れるものではありません。

二人の間にある共通の思い出も消えません。

一度出会って夫婦としての関係を持った以上、
アカの他人には戻れない、ということです。

偶然とかたまたま出会っていると単純には
とらえることの出来ないものが人と人との出会いです。

そもそも性別、国、親兄弟、性質またその環境
などはなにひとつ自分で選択したものではないのです。

それをいやだからといって受け入れたくないなどとは
いっていられません。それは宿命というものです。

自分自身に折り合いをつけて前向きになることが
近道です。

 

 

 

 

 

幸せに生きている人はその人なりの習慣を
もっています。その人に深く定着している幸せになれる
生き方を自然にしている、のです。

夫婦が幸せだ、家族が幸せだ、とひとことで
言いますがそこに至るための踏むべき鉄則、
法則性があって初めて得ることが出来るもの
といえます。

一見、たまたま運よくいい相手と出会って
幸せな人生を送っているように見えますが実際は
そうではありません。

それはその人にそなわった人生のスキルを生かして
生活しています。

その結果として、幸せや成功を手に入れているのです。

幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!


人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夫婦愛の法則は目に見えない根っ子の部分を知ること。

夫婦、家族を守ることは財産を守ること以上に
大切なことです。
お金や物質は努力次第で、あとで取り戻すことは
できます。

しかし、目にみることのできない人との関係、時間
はお金では買いもどすことができません。

同時に夫婦、家族関係は人生を本当に左右する
決定的な要素です。

お金や物質や他のなにかを追い求めるのは
人生そのものに空虚感を覚えるが故に他に安心感を
求めるという心があるからです。

本来はそのようなもので、心は真の平和を得られないのです。

人間の本心はどこまでも愛を求めている限り、愛という
ものをめぐって人間は赤裸々な戦いをしています。

当たり前のことですが、人生の楽しさは
どこから生まれてくるのかというと、一番近い人と
コミュニケーションをとり、一緒に笑えることに
あります。

夫婦が互いの存在を大切にし、愛のある結婚生活
送ること。
一番身近な人との関係がよければ、あなたは人生を
楽しく過ごせるようになります。

 

 

 

 

 

夫婦に限らず、多くの人は真面目に努力している
にもかかわらず、何かしら失敗のうちに人生をおえてしまう。

私の昔の友人も離婚した人が多く、両親も離婚、妹は
結婚式の直前に破綻しました。

みんなそれなりに真面目で努力を惜しまず頑張って
きました。

それなのに、まるで自分に課せられた運命であるかの
ようにあきらめてしまっています。

しかし、この運命はあなた次第でどのようにも
変えることが出来るのです。

夫婦愛の法則は存在します。ただそれは目に見えない
根っ子の部分(家系から来る問題等)に着眼していかなくては
ならない。という問題があるのです。

これはあなたに選択する権利があるからです。
あなたの心のスイッチを成功側に倒せば
あなたの結婚はその方向に向かっていくのです。

幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!


人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

結婚すると何が変るのでしょうか?

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!

現在、日本では離婚の確立は30%強、といわれています。

2分間に1組が離婚しているのです。

このブログを書いている間にも、10組ほどが破綻している。。。

ちょっとすごくないですか?

その大半の理由は性格があわない、というものです。

昔と違って今は大半が恋愛結婚です。

だったら性格が合わないという理由はおかしなことです。

結婚すると二人の関係がどう変わってしまうのでしょうか?

夫婦愛の法則から、恋愛中と結婚後では本人の家系的背景がガラリ、
と変わってしまうのです。

籍を入れたとたん、自分と相手の先祖の背景を同時に背負って人生を生きる。
のです。

 

 

 

 
つまり、次元の違う人生に踏み込むのだということを知らないまま、
結婚生活を送ると、こんなはずではなかった。という結末になります。

相手の背景をよく知って、将来、この人の背景を背負うということ、
障害はあっても乗り越える、と覚悟をして結婚すればよかったにもかかわらず、
性格が合うのではないか。と思って結婚をしたから
離婚になったのではないでしょうか。

また、恋愛中にはお互いにいい部分だけをみて、あるいは相手が
お金がある、将来出世するかも、という条件付きの結婚の場合、
ほとんどの場合、難しくなるのです。

なぜなら、愛情というものは相手に対して無条件であってこそ初めて
その本当の価値を発揮するからです。

条件付きの愛でお互いが結婚すれば、それが重荷になってどちらかが、
よほど譲歩していかない限り破綻していきます。

私は、カップルをみていて、この二人は将来うまく行く、あるいは
うまくいかない。という予測が大概は当たります。

うまくいくカップルにはそのオーラがあり、仲のいい夫婦からは
独特の安心感が感じられるものです。

後ろにいる先祖同士が互いに感謝しあっている、夫婦があたたかく
見守られているのです。

結婚はお互いの背景的な問題がぶつかり合い、その過程を
とおして山を切り崩していくようなものです。

その石ころだらけの道のりを二人で出発する覚悟をすることが結婚です。

結婚を通してしか人間は本当の家系の問題を超えることを試練されます。

このことを迎え入れる覚悟さえあれば結婚は素晴らしいもの、
家庭はすべてを与えてくれる宝のようなものだ、
と言えるのです。
幸せな夫婦関係習得の3ヶ月コースはこちら

伊東悦子の夫婦愛の法則メルマガ登録する!


人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

離婚後、さらに離婚が繰り返されやすい理由



夫婦愛の法則を知るメルマガ申し込み 

愛情問題は人生に多くの障害を生み出します。

それだけでなく今までは仲良くしていた関係から、
突然、状況が変って敵味方のような関係に逆転しますので
心理的には最大のストレスを生み出します。

当然、相手の幸福を喜べず、恨みや裁きの思いに駆り立てられ、
絶対にゆるせない、という思いのなかに置かれます。

人間の脳は自分、相手という区別なく感情のみを認識します。

離婚後、潜在意識は相手を憎む心、不幸を願う心をすぐ読み取ってしまいます。

愛情問題における苦しみが尋常でない、ということがその大きな理由です。

潜在意識がプラスに働かないので、幸福にはなれないのです。

 

 

 

 

 

相手を憎んでいるつもりが、自分を不幸にしようと働いてしまうのです。

結果、自分も相手も不幸にしてしまう。という負の連鎖が起こります。

なかには離婚しても問題がない例もあります。

なにがあったにせよ相手の立場を理解し、そこから自分自身を
成長させていけるプロセスになれば、人生をリセットできるのです。

ただ、ほとんどの場合が相手から恨みをかったり、恨みをもったままなので、
問題は精算されていないのです。

アメリカでの報告ですが ある研究者がデータを精査した結果、
意外な事実が判明しました。

離婚の最大のリスク要因の1つは、再婚にあるということです。

なんと、2度目以降の結婚は初婚よりも離婚する確率が150%高いのです。

米オハイオ州のボーリンググリーン州立大学で社会学を教える
スーザン・ブラウン教授と林一芬准教授は、熟年離婚者の大半が
一度離婚している。と述べています。

つまり自分の幸せを求めて人生をリセットしても、根底にある恨みの
心を捨てきれないと、その後も同じことを繰り返し結婚
成功させることがむずかしい。

自分の中にある目に見えない心の問題やわだかまりをしっかりと
清算して再出発することが大事なことです。

外的な環境は目に見えない自分の波動が引き寄せたものです。


夫婦愛の法則を知るメルマガ申し込み 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ